ええやん朝活

東京都内で読書会を中心に 一歩踏み出したらええやんと背中を押してあげられるような朝活を目指しています

参加レポートvol.93『ごきげんな読書会』

   

休日の朝を中心に池袋で開催されている

「ごきげんな読書会」

に今回初参加してきました。

この読書会の主催者さんに前々から何度かええやん朝活にも参加していただいており

いつかは行ってみたいと思っていたのですが、なかなか予定が合わず

(というよりも開催日が重なる日が多く(苦笑))

参加できていなかったのですが、

今回やっと参加することができました!

この読書会の名前の由来は児童書好きな主催者さんが

いとうひろしさんの『ごきげんなすてご』


という児童書のタイトルから取ってきたそうです。

以前紹介した、風町読書会さんのように自分の好きな本のタイトルから

読書会名を名付けるのっていいなと思います。

私が参加した会には男性2名女性6名が参加。

うち3名は読書会自体が初めてという方でした。

読書会の形式は簡単な自己紹介を行った後に1人ずつ好きなオススメ本を紹介していく方式。

人数も8人とちょうど良い人数感で、時間を気にすることなくゆったりと進行していきます。

なお、ジャンルフリーなので好きなものを皆さん紹介されていたのですが

今回は「人」にフォーカスされた本が多く紹介されていたように思います。

初心者でも気兼ねなく楽しめると思いますので、池袋近辺で読書会をお探しの方は

参加してみてはいかがでしょうか。

本日の1冊

「おとうさんがいっぱい」三田村 信行

初参加者さんが紹介されていた児童書。

ある朝なぜかお父さんが全国的に増殖していて、政府は困ったので子供たちが1人のお父さんを選択させて、

残りは処分させるというお話。

オチがなかなかブラックユーモアを含んでおり、そんなお話が何編か入っているそうです。

他のお話も読んでみたいような読みたくないような気になる1冊でした。

読書会データ

【形式】ジャンルフリーおすすめ本紹介形式

【開催設立】2018年10月

【開催履歴】10回

【日時(開催頻度)】土日のAM10:00

【開催場所】池袋周辺のカフェ

【参加費 飲食物の有無】600円(+飲食費実費)

【定員】7人

【参加方法】

公式HP

 

 - 参加レポート

アドセンス審査用1

アドセンス審査用1

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

17266998735_b88f9cc0ea_k
参加レポートvol.23『築地朝食会』

【参加レポート】 朝活に興味がある人なら一度は耳に聞いたことがあるのではないでし …

Ezx1xrJD
参加レポートvol.71『スキルアップ!朝活・勉強会 東京』

朝早く起きて少しだけスキルアップしたい。 そんな方におすすめしたい朝活がこちら …

IMG_6126
参加レポートvol.91『読書朝食会 Reading-Lab』

「本を通じて人生をより豊かにする仲間が集う場」をコンセプトとした読書会 読書朝食 …

IMG_9386 (640x480)
参加レポートvol.78『読書するエンジニアの会』

「読書体験をハックする」 をコンセプトにした読書会 「読書するエンジニアの会」 …

Evernote Camera Roll 20150725 063000 (640x480)
参加レポートvol.29『朝活読書サロン Collective Intelligence』

【形式】テーマフリー型 【開催履歴】41回(執筆時点) 【開催日時】月2回 木曜 …

home
朝活・読書会参加レポート!

「朝活や読書会って実際にどんなふうにやっているの。」   「朝活、読書 …

IMG_2484 (480x640)
参加レポートvol.81『本活』

読書会ではなくても「本」を媒介としたイベントも最近ではよく開催されています。 そ …

Evernote Camera Roll 20150422 215854
参加レポートvol.13『まったりいど』

【形式】フリートーク型 【開催日時】月2回程度 【開催場所】サクラカフェがメイン …

Evernote Camera Roll 20151014 061205
参加レポートvol.34『朝、カフェで読書会』

【形式】テーマ型フリー紹介 【開催日時】毎週日曜 朝11:00~ 【開催場所】都 …

42473825 (640x480)
参加レポートvol.22『Sunday 1 Plan』

【参加レポート】 皆さん、ディアゴスティーニはご存知でしょうか。 CMで「創刊号 …