ええやん朝活

東京都内で読書会を中心に 一歩踏み出したらええやんと背中を押してあげられるような朝活を目指しています

参加レポートvol.5【第一回『写真』六本木ビブリオバトル】

      2016/05/03

第一回『写真』六本木ビブリオバトル

【開催日時】 休日の朝

【開催場所】ロッポンギフラット

【参加人数】約20人

【参加方法】FBイベントページより プレゼンターorオーディエンスを選んで参加

【参加費】500円

【次回開催】3/29(日)

【参加レポート】

『お気に入りの一枚の写真に、自分の想いをのせて、世界中に新しい価値を!』

というコンセプトのもと開催されたこのイベント。ルールは単純明快、お気に入りの1枚の写真について3分間プレゼン。その後、3分間の質疑応答。それをどんどんまわし、最後に最もシェアしたくなった写真1枚を選んで、最も票が集まったものがチャンプ写真に輝きます。

プレゼン方法は自由なのでどんな写真が出てくるかもわからないし、その背景に隠された物語がどんなふうに語られるのかも分からない。プレゼンターがそれぞれの思いをもって3分間プレゼンする。

写真を見るのが好きな人、写真を撮るのが好きな人、プレゼンしたい人等々どんな人でも気軽に参加できます。そして、このイベントが終わった後はきっとカメラがほしくなる、街に飛び出して写真が撮りたくなる。そんなイベントでした。

【ええやんポイント】

今回のええやんポイントは

どんな人でもチャレンジできる

写真って何気なく皆さん撮っていると思うんですよね。別に一眼レフとかではなくてもスマートフォンで気軽に。そんな写真でもこのイベントにはプレゼンターとして参加できます。わたしはちなみにiphoneで撮った写真で出場しました。ある意味これは本家のビブリオバトルに出場するよりもハードルが低いかもしれません。

プロカメラマンを目指す人もいれば、わたしのようなほとんど写真に興味がない人もどんな人でも対等にチャレンジできる。それがこのイベントのええやんなポイントだと感じます。

何か一歩踏み出して人前で自分を表現してみたい人は出場してみてはいかがでしょうか。

 

 - ええやんコラム, 参加レポート, 朝活

アドセンス審査用1

アドセンス審査用1

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

Evernote Camera Roll 20150422 215854
参加レポートvol.13『まったりいど』

【形式】フリートーク型 【開催日時】月2回程度 【開催場所】サクラカフェがメイン …

Evernote Camera Roll 20160712 055921 (480x640)
参加レポートvol.67『丸の内朝カフェ』

金曜日の朝に仕事の前にちょっとカフェでおしゃべりしませんか。 そんなゆるいコンセ …

Evernote Camera Roll 20150219 213826
参加レポートvol.2『コドモゴコロ(絵本読み聞かせ)』

コドモゴコロ(絵本読み聞かせ) 【形式】絵本カフェで絵本の読み聞かせ合い 【開催 …

img_7691-640x480
参加レポートvol.73『東京読書会~HONTOMO~』

前回の横浜読書会のレポートに続きまして今回も少し足を伸ばして参加してきたのが 東 …

logo
参加レポートvol.26『カフェ英会話』

【形式】テーマトーク英会話 【開催日時】平日の朝 or 平日の夜 or 休日の朝 …

Evernote Camera Roll 20151119 061052
参加レポートvol.40『金融経済読書会-FED』

【形式】課題本ディスカッション形式 【開催日時】土/日曜日 午前中心に開催 【開 …

IMG_9366 (480x640)
参加レポートvol.77『東京小説読書会』

「読書会は多くあるけれども小説をメインに扱う読書会って少ないよなあ」 という想い …

Evernote Camera Roll 20150513 081535
参加レポートvol.17『まちぐるみ読書会 まちヨミin墨田区』

【形式】課題本+積読解消形式 【主催】ひきふね図書館パートナーズ 一般社団法人 …

IMG_2915 (480x640)
参加レポートvol.82『根津ブック倶楽部(意識ゆるい系)』

最近、他の読書会にご無沙汰でしたので久しぶりにのんびりとした読書会に行きたい と …

42473825 (640x480)
参加レポートvol.22『Sunday 1 Plan』

【参加レポート】 皆さん、ディアゴスティーニはご存知でしょうか。 CMで「創刊号 …